【管理職の方必見】こっそり知りたい 部下に信頼される理想の上司 失敗しない部下との接し方 リーダーシップがある理想の上司(後半)

チームワーク

こんにちは。

マロディーです。

今回は前回書いた

【管理職の方必見】こっそり知りたい 部下に信頼される理想の上司 失敗しない部下との接し方 リーダーシップがある理想の上司

の後編です。

前半の記事はこちら

今回の記事で記載する内容

部下から信頼される理想の上司とは?

理想の上司ランキング

日本の民間出版社が20代から50代のビジネスパーソン

310人にとったアンケートの結果を参考にしてみます。

アンケートの内容は

「嫌な上司の行動」です。

嫌な上司の行動
  • 「こちらの意見を聞かない」(62.9%)
  • 「失敗は部下のせい、手柄は自分のおかげ」(55.8%)
  • 「相手によって態度を変える」(47.7%)
  • 「良い時は認められず、悪いときだけ怒られる」(36.7%)
  • 「無理難題を押し付けてくる」(35.5%)
  • 「過去の成功体験を押し付ける」(19.4%)
部下に対するNG行為(プレジデントからの引用)
  • 部下の手柄を自分の手柄にする
  • 責任意識がなく、部下が困っていても逃げる
  • 自分より先に退社すると怒る
  • 目標を持たせるなど部下のやる気を出すことに無関心
  • 朝まで飲みに付き合わせる
  • 大勢の前で個人を叱る

部下を持ちたての頃の失敗談

マロディーも小さな組織の管理職だった時、内心ドキドキしながら仕事をしていました。

20名程度のチームを組んでプロジェクトを進める機会がありました。

  • 仕事をメンバーに分担するとか、
  • 各人の業務内容の調整
  • 資料の作成要領の指導

など、マネジメントに含まれる要素は得意でした。

でも、リーダーシップについて悩んでしました。

みんな、どんな気持ちで私の指示にしたがって仕事をしているのか不安でした。

そこで、取り組んでいた、『サービスの効果を検証する』という事業が終わる際に、関わったチーム内で匿名でお互いの評価をすることにしました。

相互評価は取り入れている企業もあるかもしれませんが、

もらった、評価をみってショックでした。

良いところ:計画的、みんなの意見を聞く、仕事が丁寧

悪いところ:優柔不断(迷っているように)に見える

でも、心当たりは沢山あったので素直に受け入れました。

あとで評価について、こそっと相談した、同じチームのNo.2からは、

「みんなの意見を取り入れようとしているから、プラスの評価もマイナスの評価もあるから気にしなくても良いのでは」

と言われましたが、

自分ではわかっているんです。

  • 失敗するのが怖くて、
  • 決断するための知識も(当時は)足りなかったことを

だから、優柔不断だったのです。

部下の意見を尊重したいというのは、嘘ではないですが、

本当は自分の考えに自信がなかったのです。

そのあと、必死で勉強しました。

自分の唯一良いと事は、

やり遂げたいという

意思力

部下や上司とケンカになりながらも進めた事業もあります。

でも、意見をぶつけ合って、ケンカした人との方が、今では仲がいいです。

日本人のもとめる上司とは・・・・(まとめると)

責任感がある

困難に立ち向かう勇気がある

職務上の能力がある

誠実

意思力がある

部下に愛情を持っている

私ができていなかった、勇気や職務上の能力なども入っています。

まさしく聖人君主(せいじんくんしゅ)

眩しいです・・・。

皆さんの周りにはこのような上司の方はいらっしゃいますか?

南極まで探しに行ってもいません?

では・・・・・、あなたが素敵な上司になってください。

【悲報】理想の上司が身近にいない

そんな方は、過去の理想の偉人を参考にしてみてはいかがでしょうか?

参考にしたい過去の歴史上の偉人(日本人)

武田信玄

吉田松蔭

楠木正成

現代社会における管理職の注意点

情報化された社会においては、誰もが情報を入手できます。

同時に発信者になることも可能です。

このため、情報と個人の相互アクセスが可能となりました。

つまり、良いことも悪いことも、情報はどんどん広まります。

著名人の不祥事も国会議員の失言も

インフルエンザ以上に広まります。

職場においては、上司の風評も拡散します。

管理職、上司と言われる方は24時間部下から評価されていると思った方が良いでしょう。

ハメを外せないよ・・・・・(by上司)

24時間正しい行いをするのは難しいですよね

では、どうしたら良いのでしょうか?

残念ながら、人格者になっていただくのが答えです。

取り繕ってもボロが出ます。

でも、自分の上司が自らの悪い点を直そうとしている知ったらそれだけでポイント高いですよね。

いっそ、管理職の方は、部下に対して、自身の性格などで悩んでことを相談してみるもの効果的かもしれません。

まとめると

理想の上司の条件は

  • 仕事に対して責任感があって
  • 部下思いで
  • いざとなったら、上司自から立ち向かう勇気があって
  • 当然、仕事への知識もあり
  • 誠実な人

管理職になろうという人、もうすでになっている人も

自分に足りないものは、少しずつ改善していけば良いと思います。

おわり

【広告】体系的に知識を学びたい方向けのスクーリング 学生が起業を学ぶビジネススクール【WILLFU STARTUP ACADEMY】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください